国産うなぎ通販 | 日本一うまい!人気の高級うなぎ通販

*

日本一うまい!人気のうなぎ通販はココですよ~!

 

今年は、うなぎの捕獲も少なく希少価値がぐ~ンと増した分、食べずにおれない気分。

ご近所に、おいしいうなぎ蒲焼、うな重を食べられるうなぎ屋さんがない人にって、難儀のような気もしますが、注目して欲しいのがうなぎ通販です。

 

おいしさを丸ごと冷凍パックで直送

極上国産特大うなぎ蒲焼が激安・送料無料!

一流うなぎ屋に負けない「おいしさと極上のタレ」

 

蒲焼き・白焼き・ひつまぶしなどが腹いっぱい食べられるから、本当にうれしい限りです!
永年受け継がれてきた秘伝のタレを使って、蒸さずに炭火で香ばしく焼きがっています。

届いたその日に、すぐ食べられるので、忙しいお母さんも助かります♪

お中元やお土産、家庭用にと、ひっぱりだこのうなぎ通販。

天然うなぎと変わらない旨さと極上、特大、激安と3拍子揃ったうなぎ通販をご紹介します。

 

旨いうなぎかば焼きお取り寄せ!うなぎ屋の通販

うなぎ屋の通販 うなぎ一筋の名店うなぎ屋が勢揃い!

江戸前うなぎ、関西風のかば焼きなどお好みに応じて選べる人気のうなぎ屋をご紹介!
自社養殖池で飼育したうなぎを秘伝のタレに付け込んで白焼き、かば焼きにふっくら焼き上がった、美味しいうなぎ蒲焼を自宅でご賞味ください。

 

 

通販で買うと、「うなぎが痩せていた」「パサパサしていた」「旨くなかった」などの失敗談をよく聞きますが、こちらに紹介しているうなぎ屋は、モンドセレクション金賞受賞したうなぎ屋さんや高島屋、大丸、三越などデパ地下で人気のあるうなぎ屋さんばかり。

だから、安心して土用の丑に食べたくなる「名店、老舗店のうなぎかば焼き」がネットでご注文できます。

うなぎ蒲焼は、お中元時期に最も人気があるギフト商品でもあります。

 


一色産 極上アオテうなぎお取寄せ

 

 

銀座を始め全国の主要な都市に、絶品うなぎを食べさせてくれる料亭やうなぎ蒲焼き専門店があります。 一流の腕を持つ料理人は、減り続ける天然うなぎに代わりうる、良質な養殖ウナギを探すことも仕事の一ツです。 その料理人が、国産最高級うなぎという太鼓判を押すのが、一色産アオテうなぎ。 背中が青く、お腹が白い、そして何とも言えない柔らかな感触が特徴で、うなぎ職人が“アオテ”と呼ぶ上質のうなぎです。 うなぎが美味しいかどうか見極めるには、例えば、うな重を食べるとします。 艶のあるうなぎの身をお箸だけでサッと割くと、そこから漂う香ばしく芳醇な香りが食欲をそそります。 一口食べると、ふっくらと柔らかい肉質の中に上質な脂が閉じ込められ、ホロホロととけていくような食感を味わうことができるでしょう。 一色産のアオテうなぎがとれる、うなぎ生産量日本一の町一色町に流れる矢作川で、気温・天候・うなぎの発育状況などにより、 その時期に最も脂の乗り方が良く、味がしっかりとしているうなぎを見極めて仕入れを行っています。
詳細はこちら ⇒ >>極上の三河一色うなぎ<<



 

 

 

築地市場 厳選国産うなぎ

 


築地の仲買いが厳選!国産ウナギ

築地の目利きが、うなぎ自慢の産地に足を運び厳選した国産うなぎがお取り寄せできます。例えば鹿児島産の無投薬育成された至高の蒲焼。宮崎県産極太うなぎは専門店でも手に入らないプレミアムサイズとそのおいしさ。築地宮川本陣のうなぎ長焼き。四万十川で捕獲したうなぎの稚魚を手間をかけて育成した四万十うなぎなど、うなぎ通はにはたまらない商品が揃っています。母の日や、父の日、お中元、ホームパーティーに鰻のかば焼きで盛り上がりましょう。

 

国産うなぎ蒲焼き 大サイズ 平均165g前後×4尾 柔らかうなぎを丁寧に焼き上げた!まさに国産の最高級品質。デパ地下にも卸しています【うなぎ ウナギ 鰻 うな丼 うな重 ひつまぶし 土用の丑 ギフト 築地市場 豊洲市場】r

価格:9,680円
(2019/5/7 18:36時点)
感想(10件)


 

 

詳細はこちら ⇒ 国産極上うなぎを産直でお届け

 

 

 

土用の丑の日には、四万十うなぎ

 

 

四万十うなぎ

日本で最後の清流といわれる四万十川でとれたシラス(うなぎ稚魚)を水質や水温、餌に至るまで大切に育てあげた自慢のうなぎ。 50年受け継いだ秘伝のタレを4回付け焼きする創業以来守り続けてきた極上の味をお召し上がりください。 身が柔らかく、ほど良く脂がのっている『安心・安全・おいしい』をうなぎの蒲焼だと地元の四万十でも人気です。 お中元や父の日、内祝いなどのギフトにも喜ばれます。 四万十うなぎの包装紙は、「鰻」の文字を丸で囲んだものをあしらっておりますので、届いたらすぐに「うなぎ」とわかります。 冷凍でお届けですので、面倒な料理や味付けはいりません。 土用の丑の日(どようのうしのひ)は、ご家族揃って四万十うなぎの蒲焼で乾杯
詳細はこちら ⇒ 四万十うなぎ

 

 

 

うなぎ蒲焼は栄養価が高い健康食です。

うなぎは、ヨーロッパや東アジアなどでも煮たり、炒めたり、揚げるなどして食べますが、「かば焼きという調理方法があるのは日本だけだそうです。

ウナギは縄文時代から食べられていたものの、栄養価が高いため夏バテに効く薬のような食材として扱われていました。
調理方法も筒状に切ったウナギを串に刺し塩焼きするだけで、味はいまひとつだったようです。
そこで、江戸時代の料理人たちはかば焼きいう調理方法を考え、味に磨きをかけてきました。
隅田川などでとれる江戸前のうなぎは脂が多く身が固かったので、身を割串にに刺して焼く関西の調理方法を改良し、一度蒸してから千葉県の野田や銚子で作られた濃口醤油とミリンを混ぜたタレをつけて焼くようになったとか。
その味が人気を呼び、世界のウナギ消費量の7割を占めるようになりました。
現在でもうなぎの老舗店では、串打ち3年、割き5年、焼き一生と言われる職人の技と、店ごとの秘伝のタレの味わいを今に伝えています。
日経新聞ニューススクール(2012,06.23)より引用

 

うなぎ通販のメリット

昔は美味しいうなぎを食べるためだけに、宮崎や鹿児島へ行ったりもしていましたが、今は通販で気軽に注文できるので便利ですよね。関東や東北地方に住んでいる方もご自宅近くに美味しいうなぎ屋さんがあるかもしれませんが、やはり名店呼ばれるお店の鰻は一味違います。県外に名店があるとなかなか気軽に食べに行けない、なんてこともありますが、通販を利用すれば早ければ明日にだって美味しい鰻を食べることができます。

老舗の専門店ほど通販でも美味しく食べられるようにこだわっており、蒸し・焼きの加工方法を変え、自宅でもまるでお店で食べているかのような味わいを楽しめるように工夫されています。配送サービスも冷凍でスピード配達してくれるので、味を損なってしまうことはありません。

 

また、通販なら遠くに住んでいるお父さんやお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、お世話になったあの人への贈り物としても気軽に送ることができます。最近では母の日や父の日、敬老の日へのギフト用包装を用意していたり、お中元・お歳暮にも贈れるように熨斗を無料でつけてくれる通販も多いです。

うなぎの蒲焼きを食べる土用の丑の日とは?

土用の丑の日(どようのうしのひ)は、土用の間のうち十二支が丑の日です。
夏の土用の丑の日のことを言うことが多いようです。
土用の丑の日になることがある日は、夏の土用になることがある7月19日~8月7日です。
毎年夏の土用となる7月20日~8月6日はいずれも等しく12年に1回の割合(12年間隔という意味ではない)で土用の丑の日となります。

 

1900年~2099年の間は土用の日付が少しずつ前倒しになるため、土用の丑の日になりうる日も変化します。
1907年には、明治の改暦から現在までで唯一、8月8日が土用の丑の日(二の丑)となりました。
2096年には改暦以来初めて、7月18日が土用の丑の日(一の丑)となると予想されます。
いずれも、土用の丑の日は、盛夏であることに変わりはありません。
土用の丑の日に、暑い夏を乗り切る栄養をつけるために鰻を食べる習慣になったようですね。

 

鰻を食べる習慣についての由来には諸説あり、讃岐国出身の平賀源内が発案したという説が最もよく知られています。

それによると、商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の所に相談に行きました。
源内は、「丑の日に(う)の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることをすすめると、物知りとして有名な源内の言うことならということで、その鰻屋は大変繁盛したそうです。
その後、他の鰻屋も真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したといいます。

 

実際にもうなぎにはビタミンA・B群が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止の効果が期待できるようです。
ただし、うなぎの旬は冬眠に備えて身に養分を貯える晩秋から初冬にかけての時期で、夏のものは若干味が落ちるといいますが、養殖ものは、栄養も味も価格も安定しています。
お中元にもうなぎは人気があります。
鰻の養殖業者らが中心となって、夏以外の土用の丑の日にも鰻を食べる習慣を普及させようという動きがありますね。

うなぎ屋さんの前を通ると、香ばしい香りにつられます。
土用は季節の変わり目でもあるため、栄養価の高いウナギを食べて夏バテを防ぎましょう。

 

 

今月のおすすめ国産うなぎ(浜名湖・愛知一式)

今年は、うなぎの捕獲も少なく希少価値がぐ~ンと増した分、食べずにおれない気分。

日本を代表する2大名産地といえば、浜名湖・愛知一色

●浜名湖産うなぎ
創業昭和9年の老舗が焼き上げた浜名湖産うなぎ
・美味しさをそのまま冷凍したので、温めるだけでふっくら香ばしい
・うなぎのうまみを引き出すさらりとした関東風のこだわり特製ダレ

●愛知一式産うなぎ
明治から養鰻の歴史をもつこだわりの愛知一色産うなぎ
・自然条件に近づけた養殖池づくりにこだわり、食味試験を経た資料の配合量も調整
・明治33年創業の「カネナカ」がたまり醤油で仕上げた濃厚な旨みのたれで香ばしい鰻



 

そして、四万十川の鰻。

高知県四万十川日本最後の清流と言われる有数の川です。その自然豊かな土地で育った鰻は臭みもなく肉厚です。

脂ののった身はふっくらジューシーで噛めば溢れるうなぎの旨味!甘辛いたれが食欲をそそります。